任意整理を企業もすることがあります

企業であろうとも任意整理をすることはあります。
つまりは、債務が支払いきれなくなり、債権者との話し合いによって、減債してもらったり、金利の支払いを停止してもらうことを狙うわけです。
これは意外とよくあることであり、どうにかして企業が再生をしようとする時などにやっている場合があります。
但し、当たり前ですが、こうした情報が流れますと企業としての信用ががた落ちすることになります。
破綻とは違うわけですが、どうしても任意整理をした、という情報はマイナス評価になります。
或いは場合によっては、今後は現金決済のみ、という条件が他所の企業からつけられる可能性があります。
これは非常に大きなリスクであるといえますから、任意整理は慎重に行うべきでしょう。
個人ですら、物凄く信用を失う行為です。
それでも生活がかかっていることでしょうし、やらないといけない時は個人でも企業でもあるわけです。
ちなみに最終手段として破産もあります。
但し、個人であればやり直しになりますが、経済組織であれば解散であり、もう活動が基本的にはできなくなりますから、本当に最終手段であり、すべてを手仕舞いにする時のみに有効であることをよく理解しておいた方がよいでしょう。