任意整理は条件を満たせば誰でもできます

任意整理をしようと思ったとき誰でもできるかといえば条件を満たせば可能です。
多重債務を負っている人にとって最後の手段が債務整理でその中でも人気があるのが任意整理です。
昔は破産を進めていた時代もありましたが、業者から見れば今は債務整理をして少しでも借金を返してもらおうという動きになっています。
任意整理は収入の見込みがあれば誰でもできるものなので手続きを進めた方が借金は軽くなります。
全く借金がないといった場合は債務整理で他に解決策を考えながら最終的には破産の方向になってしまいます。
しかしながら破産はしないで誰でもできる任意整理にした方が将来的に借りたいときに借りられます。
任意整理で問われているのは、継続してでも返済を続けていこうという気持ちがあるかどうかです。
この気持ちがなければ借金完済はむずかしくなってしまいます。
返済期間は分割払いで3年から5年を目安に返済していくのでその間安定した仕事に就いて収入があるかどうかです。
弁護士と相談してどうしても解決策が見い出せなければ破産の一歩手前の個人再生という方法があります。
個人再生になってくると裁判所に行って手続きをしなければならないので手間はかかりますが、全体の借金は減るので返済が楽になります。