任意整理をするならば結婚前

任意整理をするならば、結婚前にしたほうが良いです。
もしも何もしないで結婚した場合、返済の督促状が自宅に来て、パートナーに借金を知られる恐れがあります。
任意整理は弁護士を通して返済を行うので、返済が滞らない限りは、自宅に督促状が来ることはなくパートナーに知られる心配もないです。
任意整理をしてから一定期間は、住宅ローンを組んだりクレジットカードを作れなくなったりします。
結婚して名字が変わったとしても、同様です。
クレジットカード会社によっては、提出する申込書類に旧姓を書く欄を設けているためです。
会社は旧姓に基づいて調査をするため、一定期間が過ぎていないことも把握できます。
そのため、早めに整理したほうが、結婚後に住宅ローンを組んだりクレジットカードを作ったりしやすくなります。
また、任意整理していることを予めパートナーに伝えるのも、一つの方法だと言えます。
もしも返済が滞った場合、借金があることをパートナーに知られる可能性が高くなります。
任意整理そのものは、法律上の離婚原因とはならないです。
けれども、借金を隠していたとパートナーに受け取られて、雰囲気が悪くなる恐れがあります。
パートナーに伝えるときは、借金問題を解決しているということを強調したほうが、パートナーの理解を得られやすいです。